プロフィール

JILL&ikona

Author:JILL&ikona
ようこそ!
カスタムブライス→JILL 
羊毛フェルト→ikona
2人で運営しているブログです。
※現在ドール関係とオーダーはお休みしております。

いつもご訪問&拍手をポチッとしてくださりどうもありがとうございます☆彡

最新記事
最新コメント
羊毛フェルト2013~
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

誰にも望まれていなくても(笑)幼虫たちのその後です♡

※こんばんは、少しヘビーな話も含まれますのでご注意ください。

蛹になった子たちを羽化施設へ!
ほとんどクロアゲハです。

20140706215524b67_20180228095603557.jpg

※JILLさん作

蝶の名前・蛹になった日を記録して出てくる日を待ちます、大体10日前後です。
まず最初に出てきてくれたのがアオスジアゲハ。

2014062314152486a_2018022809084012f.jpg

終齢幼虫から連れてきた子だったので寄生が心配でしたが美しい蝶になりました!


そして、卵から育てたクロアゲハの兄弟も。
1mmちょっとの小さな卵だったのになんだか感慨深いです。
20140623141313d97.jpg

幼虫は大体5cmちょっとあります。
201406231421430c2_20180228090837f31.jpg

ナミアゲハと同時にでてきました。
20140623142326770_201802280908416a3.jpg



モンキアゲハだと思っていた幼虫はクロアゲハのメスでした。
背中の模様が途切れているのを見たときは絶対そうだと思ったんですけど…
20140706215134f1d_20180228095601fa0.jpg

2014062314033824f_20180228090838e81.jpg

とにかくとっても大きい子で元気に出てきてくれて良かったです(*'ω'*)

そして、事件もありました。
朝起きてくると床を2匹ウジ虫が這っていました(汗)
確認してみるとクロアゲハの蛹から出てきたことが判明…(涙)
2齢幼虫くらいから育てているのでもしかしたら葉っぱに寄生バエの卵が産みつけられていたのかもしれません。
実際見るのは初めてでうぎゃああートラウマ確実だと思ってたんですが蜂の子のように丸々太った感じで思っていたより可愛い・・かもしれない。
すぐ蛹になったのでハエにしてJILLさんの飼っているカエル君に食べてもらうことにしました。

けど・・・もう大分経つんですがまだ生まれません。もしかして、死んじゃった…かな?

ナガサキアゲハの幼虫は他の子たちに成長を追い越されながらも大きい終齢幼虫に
なったのですが途中で葉っぱを食べなくなりうんちも体液が混ざったようなものが出てしまいました。
とても可愛い子だったので本当に可哀そうでした。
たくさん育てていると人の手で助けることができない子もいるけれど
助けられることもあります。
脱皮しようとしたときに葉から落ちてしまいお尻のところで皮が脱げなくなってしまった子を手助けしてあげました。
その後すくすく成長し我が家を旅立っていきました。
外でクロアゲハが飛んでいるのを見かけるたびにうちの子かなと喜んでいます(´▽`*)
みんなそれぞれ個性があって楽しいです。

この夏またナガサキアゲハとモンキアゲハに出会えたら嬉しいな。 ikona

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは。

22日に鍵コメを下さった方へ
先ほどお返事を送らせていただきました(^^*)
もし届いていないようでしたらお手数をお掛け致しますが再度こちらにご連絡をいただけますでしょうか。
よろしくお願い致します。
非公開コメント